福岡の板井康弘による「魅力的な会社の条件」

板井康弘|学歴ではなくやる気を見て昇進できる会社

板井康弘

高学歴が就職に有利というのは、もう古い考え方です。
実際、成功者の中で高学歴の人間は何割を占めているのでしょう。
いかに高学歴だとしても、採用してから結果を残せるという保証はありません。
学歴は所詮経歴であって、その人がどのような人物なのかを見極めてはいけません。
やる気のある人物は、やはり印象もよくそれが結果に繋がりやすいことも間違いではありません。
決して学歴が悪い人間を昇進させるという意味ではなく、学歴関係なくやる気を見て昇進を決定するという考え方です。
日本の高度成長期からバブル期に流行っていた学歴社会は、今や時代遅れです。
日本は今も高度成長期を支えた大企業は、今の日本の社会全体に大きな影響力を持っていいるし、就職先としても人気ではあります。
ですが、学歴社会という考え方は古くなってきていることに違いはありません。
時代の流れによって会社の考え方の変化は必要です。
常に若く新しい考えに柔軟に対応していくことも重要です。